地獄谷の隣の素晴らしいホテル 雲仙九州ホテル宿泊記①

ご訪問ありがとうございます、カトレアです。

今回は、とても素晴らしい滞在だった「雲仙九州ホテル」についてアップしたいと思います。

長崎市内は何度か訪れたことがありますが、雲仙温泉は初めて!

離れのお部屋があること、お部屋に露天風呂があること、離れ宿泊者は専用のダイニングルームがあることなど、泊まりたいポイントがたくさんあって、とても楽しみにしていました。

外国のシャトーホテルのような雰囲気の門構えです。

正式名称は Mt.Resort 雲仙九州ホテル。創業は1917年という、100年以上の歴史を誇るホテルです。3年前に大人のリゾートとしてリニューアルオープンしました。

エントランスを抜けて右側にあるこちらのスペースでチェックインの手続きをします。

大正時代に創業して外国のお客様を迎えていたころのハイカラな感じと、現代のモダンな感じが上手くミックスしていて、居心地の良い空間になっています。

ウェルカムスイーツのかわいいドーナツ。 一口サイズでちょうど良い🍩😋

地元雲仙市南串山の黒糖と小浜の塩を使った、ヴィーガンのドーナツだそうです。

お茶にもこだわっているそうで、さっぱりとした後味が印象的でした。

日本茶とハーブをブレンドした、ホテルオリジナルのお茶だそうです。

チェックインの後、お部屋に向かう廊下も開放感があって素敵です。

この左側にはメインダイニングルーム「1917」へと続く階段やエレベーターがあります。

今回私達は利用しなかったので、外から写真だけ📷

クラシカルな雰囲気で、富士屋ホテルや金谷ホテルのダイニングを思い出しました。

先ほどの廊下の右側には、素敵な中庭があります。

水盤を囲むように緑が生い茂っていて、とっても癒される空間となっています。スタッフの方のお手入れの賜物ですね。

こちらは2階にあるカフェバー「The Mellow Ridge」のテラス席。ここから中庭の眺めを満喫できます。

こちらのカフェは誰でも利用できるようですが、私が見た限りでは宿泊者しかいなかったと思います。

嬉しいのは、宿泊者はドリンクが無料なんです!

カフェタイム 15:00~18:30

バータイム  20:00~22:30(22:00オーダーストップ)

カウンターのスタッフにオーダーします。

キャラメルマキアートも作ってくださいました!

雲仙九州ホテルのすごいところは、ドリンク無料のラウンジがもう一つあるところ✨

それが屋上にある「The Roof Top Lounge」、宿泊者専用です。

マッサージチェアも2台ありました。

オープンは

モーニングタイム 8:00~10:30

カフェタイム   15:00~18:30

バータイム    20:00~23:00 

となっていて、セルフでお飲み物をいただくことができます。

バータイムにはワインがあるのも嬉しいです🍷

でも一番うれしいのは~

テラス席からのこの眺めです!

雲仙ならではの風景が広がります。

まさに、地獄谷の真上に建っていることが実感できました。

ドリンクをいただきながら、テラスで至福の時間を過ごしました。

適度な距離感がある、ほどよいおもてなしが私には非常に心地良く、到着早々心奪われたのですが、この後の夕食の素晴らしさに、もっとこのホテルの評価が上がることになります🎶

次回はお食事編をアップする予定です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

にほんブログ村

クリックしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします。

error: Content is protected !!